熱線反射ガラスの透過率とカラー

透過率を知る

熱線反射ガラスには透過率の異なるガラスが存在しており、それぞれのガラスが違った効果を発揮します。透過率が低いガラスは鏡のように風景を反射し、室内の光景を見えにくくすることができます。

カラーバリエーション

ガラスの中にコバルトや鉄などの金属を含ませたガラスにはさまざまなカラーバリエーションが存在しており、自由にガラスの色を変更することができます。デザイン性が非常に高いため、ガラス交換で店舗の雰囲気を変更するのにも最適です。

口コミを利用して最適な熱線反射ガラスを選ぶ

利用者の意見を聞く

ガラス交換を行なって店舗のガラスを変更する場合は、いろいろなガラスに関する情報を集める必要があります。まずは実際に店舗で熱線反射ガラスを利用している方のコメントをチェックし、どういった効果が得られるのかを調べてみましょう。

飲食店なら「サンルックス」というガラスの設置がおすすめ(40代/男性/カフェ経営者)

反射率の高いガラスを設置したいと考えていたため、ガラス交換を行なって店舗にサンルックスと呼ばれるガラスを取り付けました。外からの紫外線も防ぎながら光もしっかり反射してくれるため、快適な店内空間を維持しながらプライバシーを保護するのに役立っています。遮熱効果も持っているので、日光で室内が暑くなることはありません。

プライバシー保護のために「サンカット」を使用(30代/女性/飲食店経営者)

店舗の中に明るさを与えたいと考えていたので、ガラス交換を行なって遮光性能を持つサンカットを導入しました。日光の眩しさや日差しを適度に和らげてくれるため、快適な状態で食事が楽しめるとお客様からも好評を頂いています。室内の明るさや温度の上昇をコントロールできるため、快適な室内環境を維持するのに最適です。

TOPボタン